NSRR原子炉プールライニング肉厚調査装置

写真拡大

装置の特徴

・アレイ型超音波プローブにより、1スキャンで約100㎜の幅を測定可能

・プール底面に設定した検査ルートに沿って、水中ロボットによる自動計測動作が可能

・複数台のカメラで捕捉することで、障害物に影響されない安定した水中ロボットの位置姿勢計測が可能(カメラ視野の±0.5%程度の計測制度)

・超音波データから計算した肉厚とカメラによる位置姿勢データを統合し、プールライニング肉厚マップデータとして表示・管理が可能


 
写真拡大
 
写真拡大
 
写真拡大

Copyright(c) KANTOGIKEN CO. LTD.
ページトップ